岐阜県可児市の歯医者、しばた歯科・可児おとなこども矯正歯科/可児市でファミリーで通える歯医者

可児市にあるしばた歯科・可児おとなこども矯正歯科のブログページです。

無料メール相談
24時間受付_WEB予約

しばた歯科ブログ

子供の歯並びをよくするには

2019年9月11日

こんにちは!岐阜県可児市にあるしばた歯科可児おとなこども矯正歯科です。

 

子供の歯並びをよくしたいと思うことは、親であれば、誰もが思う事と思います。

特に、女の子の親であれば尚更です。

 

出っ歯、受け口、開咬などかみ合わせがひどい場合、大人になってからの矯正治療で、外科的矯正治療(上あご、下あごを切る矯正治療)を行う場合もあります。

顎の骨が成長する子供のうちに、成長をコントロールして治すことで、大人になってからの矯正治療の必要がなくなったり、必要があったとしても矯正治療期間を短くすることができます。

 

出っ歯には、

ダイナミックアプライアンス、

前歯だけに装着する2×4など、       

受け口には、フェイスマスク、チンキャップなど、

開口には、タングクリブやMFTを行うこともあります。

 

永久歯(大人の歯)の生えるスペースがない場合には、上下の歯列の幅を広げるために、クワドヘリックスや急速拡大装置、バイヘリックス、拡大床を使用することもあります。

 

また、昨今では機能による形態変化が注目されており、マイオブレースという装置を用いることも増えています。 

 

このマイオブレースとは、オーストラリアにあるMyofunctional Research Company (MRC)で、代表であるDr. Chris Farrellが矯正治療前に不正咬合の原因を治療する真の筋機能装置としてTrainer™T4K®)を25年前に開発したものです。現在では世界100ヶ国以上に広まっております。

そのコンセプトは「まず機能を治療し、歯の治療は最後に」というものです。

5~15歳までの子供たちを対象に顔面成長や歯並びを良くするだけではなく、叢生の原因と顎の発達も改善します。

就寝時と日中12時間使用することで、口腔周囲筋や舌のバランスを整え、悪習癖を除去し、本来持っている筋機能を回復させることで歯列不正を治すことができます。

従来の矯正装置と比較して、取り外しができる可撤式装置のため、歯磨きをしっかりすることができたり、家での使用となるため、矯正治療をしていることが周りからわからない利点があります。
また、マイオブレースを装着しながら行うアクティビティをすることで、主に呼吸、舌、飲み込み方、唇と頬を中心としたトレーニングを行い、健康な体づくりをすることができます。

 

可児市、多治見市、美濃加茂市にお住まいの方で、子供の歯並びを良くしたい方はぜひご相談ください。

診療項目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • インビザライン
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 予防歯科
  • 入れ歯
  • 訪問歯科
  • しばた歯科ブログ
  • よくあるご質問
  • 採用情報