無料メール相談
24時間受付_WEB予約

しばた歯科ブログ

歯周病治療

2018年1月30日

日頃のメンテナンスで
予防することができます

歯周病は、大人だけでなく10代からでも発症する人が増えています。そのほとんどの人が歯周病の進行に気づかないままに治療をせず、痛み・歯の揺れ・出血などの症状にあわてて来院されるケースがまだまだあります。
歯周病は予防で発症を止め早期治療で進行を遅らせることできます。予防のために来院され、定期メンテナンスで小さな変化をチェックすることが一番効果的と考えています。

  • 歯がぐらつく
  • 出血
  • 歯肉が腫れた
  • 歯肉から膿が出る
  • 歯が長くなった気がする
  • 食べ物がよく詰まる
  • 口の中がねばつく
  • 歯がしみるようになった
  • 口臭がきつくなった

治療内容

  • ブラッシング指導

    ブラッシングは毎日行う方が多いと思いますが、正しく磨けている人はなかなかいません。
    ブラッシングはむし歯や歯周病の予防に大切なセルフケアです。当院では、患者さん一人ひとりに合ったブラッシング方法を説明しています。

  • スケーリング

    歯肉や歯周ポケットについている歯石を超音波スケーラーなど専用器具を使用してきれいに除去していきます。しかし1度除去しても時間とともに再形成されるため定期的に除去することをおすすめしています。

  • PMTC

    専用器具を用いて歯のクリーニングを行います。ブラッシングだけではどうしても落としきれない汚れを専用の器具と研磨剤を用いて徹底的に取り除きます。また、歯の表面がツルツルになるので汚れが付きにくくなります。

  • 歯周外科

    専用の器具では取りれない歯石やプラークがある場合、切開して歯周ポケットの中を綺麗にする処置を行います。

歯周病リスクの高い人・6ヶ月以上歯科通院歴がない方へ

歯周病のリスクが高いと言われている糖尿病や骨粗しょう症の方のみならず大学生の方でも歯周病を発症しているケースが多くあります。
「歯が抜けて無い」「口臭がきつい」などで就職にも関わると言うお悩みもお聞きしています。
歯周病は一旦かかると、進行を食い止めることが治療の最重要ポイントになります。当院では歯周ポケット周辺、歯の付け根などの中の細菌の徹底的な除去を主に、日ごろのブラッシング方法や使用する消毒液など、細かな指導に力を入れております。

診療項目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • インビザライン
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 予防歯科
  • 入れ歯
  • 訪問歯科
  • しばた歯科ブログ
  • よくあるご質問
  • 採用情報