無料メール相談
24時間受付_WEB予約

しばた歯科ブログ

一般歯科

2018年1月30日

心の負担を減らす治療

歯科治療が苦手な患者さんは少なくありません。
「痛かったし怖かったしもう行きたくない」ではなく「しばた歯科なら大丈夫」と思っていただけるように当院では患者さんの負担を減らす取り組みを行っております。
また、「できるだけ抜かない・できるだけ削らない・できるだけ痛くない」を心がけた治療を行っております。

むし歯、歯周病の他にも様々なお口のトラブルに対応しています。

  • ・口内炎
  • ・親知らず
  • ・知覚過敏
  • ・歯肉の腫れ
  • ・顎関節症
  • ・歯がかけた
  • ・歯肉炎
  • ・詰め物が取れた
  • ・歯槽膿漏
  • ・歯がしみる

このような症状をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

できるだけ痛くない」「できるだけ削らない」を目指した取り組み

表面麻酔

麻酔前にジェル状の麻酔を塗ります。これにより注射する部位の粘膜の痛みを和らげることができます。

電動麻酔

麻酔を急な速度で注射すると細胞が膨張して痛みが出やすくなります。注射する速度と量を一定にすることにより痛みを和らげることができます。

極細の針

麻酔時の針は極細の針を使用しているので刺入の際の疼痛が減少します。

拡大鏡を使用

当院ではサージテルというアメリカ製の拡大鏡を使用しています。拡大鏡を使用すると肉眼よりも視野が拡大され、むし歯を確実にかつ最小限に除去することができます。

テクニック

お口の中の鈍感な部分からゆっくりと麻酔を効かせていき、徐々に深く広げていくことで、できる限り痛みを感じさせないテクニックを用いています。

診療項目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • インビザライン
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 予防歯科
  • 入れ歯
  • 訪問歯科
  • しばた歯科ブログ
  • よくあるご質問
  • 採用情報