無料メール相談
24時間受付_WEB予約

しばた歯科ブログ

痛いですか?う蝕の治療方法を教えてください。

2018年2月1日
う蝕はエナメル質から進行し始めます。エナメル質は人体で最も固い組織で、むし歯の進行も遅く、痛覚がないため症状がありません。治療法はう蝕の部分のみをくり抜き、強化プラスチックのペーストで充填します。再石灰化が期待できるものであれば様子を観ることもあります。
次にう蝕は象牙質まで進行します。象牙質は神経を含んでいるため、冷たいものや甘いものがしみ、う蝕の進行も早くなります。治療法は初期のものであればう蝕の部分のみをくり抜き、強化プラスチックのペーストで充填します。
う蝕の範囲が広くなると、若干の健康な資質を含めて平行に削り、型取りをして金属やセラミックの詰め物や被せ物をします。
う蝕が歯髄腔まで達すると、中の血管が膨張して神経を圧迫して強い痛みがでます。
血管は心臓の脈に合わせて鼓動しているため、心臓の脈のリズムにあわせてズキズキと拍動する痛みで、 あっためると血管が膨張してさらに痛みがまし、夜間横になると血流があがり寝れないような痛みが出ることが特徴的です。
治療法は健康な資質を含めて大きく削り、神経をとり、防腐剤をいれて、削った部分を補強して金属やセラミックの被せ物をします。
この治療は1カ月以上の期間がかかり、費用もかかり、痛みを伴うため、歯医者の悪いイメージはここから来ています。この治療をしないと歯の根っこのところで細菌が繁殖します。
根っこの先をでた細菌に対して、歯槽骨内には血流があるため免疫が働きます。
免疫が働くと根っこの先に膿がたまります。細菌の毒素は血流にのって脳や心臓にまわり、全身に悪影響を及ぼすといわれています。
細菌の活動性があがったり、疲れ等で免疫力が落ちると、たまった膿は顎の下に行き蜂窩織炎となり、入院になったり、最悪の場合死に至る場合もあります。

診療項目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • インビザライン
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 予防歯科
  • 入れ歯
  • 訪問歯科
  • しばた歯科ブログ
  • よくあるご質問
  • 採用情報